ホーム > ニュース > 事業内容 > 「人生最期の医療に関する調査」へのご協力のお願い

「人生最期の医療に関する調査」へのご協力のお願い

2012年12月28日

NPO法人 高齢社会をよくする女性の会(樋口恵子理事長)が、「人生最期の医療に関する調査」を実施しています。

(事務局からの文書より)

 世界トップレベルの長寿国日本において、最近ようやく人生最期の医療・介護のあり方への論議が高まってまいりました。その論議の中心には、専門家だけでなく、かけがえのない命の主人公である当事者が据えられてほしいと思います。私たちが「おまかせ」でなく自分の最期と真剣に向き合い考えていく、その思いをこのアンケートにお寄せ下さいませ。
 「高齢社会をよくする女性の会」は、高齢者の最期のあり方について、この1年余り現場の医師はじめ多くの専門家をお招きして勉強会を重ねてきました。その締めくくりとしての調査でございます。この重大なテーマに対する市民・当事者からの参画であり、結果は社会に向けて発信したいと存じます。
 私どもの微意お汲み取りの上、よろしくご協力くださいますよう重ねてお願い申し上げます。

回答は2013年1月20日まで

アンケートへは、NPO法人 高齢社会をよくする女性の会ホームページからご回答いただけます。

このページのトップへ