ホーム > ニュース > 採用情報 > 内定者懇親会2013

ヤマシタコーポレーション内定者懇親会2013

2013年07月29日

内定者懇親会の開催

内定者懇談会2013

 平成25年度ヤマシタコーポレーション内定者懇親会が、7/23(火)、ホテル大阪ガーデンパレスと7/25(木)、弊社東京東営業所の2会場で開催され、東京会場と大阪会場合わせて71名の内定者に出席頂きました。

 懇親会は簡単なゲームによるアイスブレイクで始まり、内定者同士の他己紹介が終わるころには、緊張もほぐれ和やかな雰囲気に変わりました。

 その後、ある高齢者世帯の生活環境や身体状況等が紹介され、福祉用具の選定について事例検討をグループに分かれて行いました。内定者の皆様が初めて行う福祉用具の選定を必死に考え、選定の結果を幹部の前でも堂々と発表する姿がとても頼もしく感じました。

 内定者の皆様にとって、これから一緒に働ける先輩社員や同期となる仲間とコミュニケーションを図ることができ、とても有意義な一日になったと思います。
内定者の皆様へ心よりお祝い申し上げると共に、誠実で素晴らしい方々にお集まり下さった事を感謝致します。

役員挨拶

役員挨拶

 事例検討の発表の前に、山下専務から挨拶がありました。最初に、今月13日に亡くなられた故山下一平社長についての報告があり、次に内定者の皆様に対して、社会人として高いパフォーマンスを発揮するために必要な3つの要素について説明がありました。

山下専務のお話
「3つの要素とは、『能力』『熱意』『考え方』で、中でも一番大事なのは『考え方』である。何故ならば、どんなに能力があり、熱意があっても、考え方が逆方向であれば、その人は組織にとってマイナスに働いてしまう事になるからです。社員全員が同じ方向を向いて目標に向かい、頑張っていくことが重要ですので、共に頑張りましょう。」

ホームケア事業部・前橋本部長のお話
「内定者の皆様の事例発表を聞いて、来年春からの皆様の入社を大変心強く思います。会社の発展のために最も重要なのは、人材です。その人材を育てることも会社の責任です。一流の福祉用具専門相談員に育て上げるように準備して迎えますので、入社後にはリーディングカンパニーの顔として共に歩んで行きましょう。」

久保田常務のお話
「当社がこれから100年先も、業界のリーディングカンパニーであり続ける上で、皆様は30年、40年先のヤマシタコーポレーションの将来を担っていただく大切な存在です。今後も当社は、企業理念や故山下一平社長の遺志を受け継ぎ、質の高いサービスの提供、業界のレベルアップに貢献していくので、内定者の皆様には是非その一端を担っていただきたい。」

交流会

交流会

 懇親会終了後には、先輩社員と内定者による交流会(二次会)が開かれ、多くの方にご参加いただきました。
交流会は、先輩社員の乾杯で始まり、厳しい就職戦線を乗り越えてきた内定者同士が今までの就職活動を振返り、励ましたり、慰めあったりして多くの情報交換ができたと思います。

 厳しい暑さが続きますが、入社するまでの約半年間、体調管理に注意して、来春元気に入社していただきたいと思います。

このページのトップへ